ホーム > 2017/03

アパホテルが上越妙高駅東口に進出 10階建て162室 来年にもオープンか

2年前

アパグループの元谷一志社長は2017年2月28日、上越妙高駅東口に鉄骨造り10階建てのホテルを建設する計画を明らかにした。客室は162室で、大浴場も設置する。

上越妙高駅東口のアパホテル建設予定地
DSC_1278

運営を地元企業が行うフランチャイズ方式だが、企業名などは明らかになっていない。

元谷社長は「弊社のリゾート施設と連動させたい」とし、妙高市のアパリゾート上越妙高で実施するサマーイルミネーションや、ゴルフ場への送迎なども行う計画だ。

関係者の話によると、ホテルは来年のオープンを目指している。

上越妙高駅の西口には、14階建てのビジネスホテル「東横イン」が今年4月に着工する見込み。2015年3月の上越妙高駅開業以来、駅周辺にホテルがない状態が続いていたが、完成すれば駅周辺が様変わりし、ほかの開発計画にも拍車がかかるとみられる。

上越妙高駅周辺の開発計画
上越妙高駅map_TJ用

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/35050028 上越妙高駅(新潟県上越市)西口に5階建てのオフィスビルが計画されている。飛田テック(本社上越市中箱井、飛田剛一社長)が建設するもので、入居する企業を広く募集している。駅西口周辺では温泉掘削や商業施設の拡張、ホテル進出の動きなどもあり、2014年3月の北陸新幹線開業から約2年を経て開…