ホーム > 2019/05

上越市役所が6月1日から敷地内全面禁煙 改正健康増進法7月施行で

6か月前

新潟県上越市は2019年6月1日から、市役所木田庁舎や13区の総合事務所などを敷地内全面禁煙にする。行政機関や学校、病院、児童福祉施設を原則、敷地内禁煙とする改正健康増進法が7月1日から一部施行されるため。

閉鎖の張り紙が出された上越市役所木田庁舎の喫煙所入り口
喫煙所4

施行される改正健康増進法は、地方公共団体などは他人の喫煙でたばこから発生した煙にさらされる望まない受動喫煙が生じないよう、受動喫煙防止に努めなければならないとしている。具体的には、行政機関や学校、病院、児童福祉施設の敷地内を原則として喫煙禁止とし、喫煙所を残す場合は受動喫煙を防ぐために屋外での設置を義務付けている。

同市が6月1日から敷地内全面禁煙とするのは、木田庁舎、13区の各総合事務所及びコミュニティプラザ、教育プラザ、クリーンセンター、汚泥リサイクルパーク、ガス水道局庁舎。建物内の喫煙所は撤去してミーティングスペースや倉庫などに使用し、屋外にも喫煙所は設けない。

ミーティングスペースに改修される喫煙所
喫煙所-3

喫煙所手前の休憩室はそのまま使用される
喫煙所-5

市職員のほか市民や来庁者が利用する木田庁舎2階の喫煙所は、2015年に庁舎内5か所にあった喫煙所を1か所に集約したもので、約350万円かけて入り口を改修し強力な換気扇を設置していた。撤去後はミーティングスペースとして使用するため、約67万円をかけて室内にしみついたたばこの臭いを取り除くなどの改修工事を行う。

なお、隣接する妙高市では2008年に庁舎内全面禁煙を実施し、2013年10月からは敷地内禁煙を実施している。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/69418634 新潟県上越市の清里区総合事務所で2018年7月6日午後、市職員が「火気厳禁」と表示された石油のタンクの前で喫煙していたと市民から同事務所に指摘があった。石油タンクに隣接する場所が喫煙場所に指定されていたが、同事務所では「法令に違反しているわけではないが、一般常識に照らしておかしいことだった」として、灰皿を離れた場所に移動した。…
https://www.joetsutj.com/articles/98120823 新潟県上越市は同市木田の市役所内に5か所あった喫煙所を1か所に集約した。同市では一時庁舎内禁煙を検討した経緯があるが断念し、今回庁舎2階の1か所に集約した。市は2013年度から屋外に喫煙所を設置する案で庁舎内全面禁煙の検討を始めたが、喫煙者にとって冬期の降雪時や荒天時の移動が課題…
https://www.joetsutj.com/articles/52100967 新潟県上越市は昨年12月から同市木田にある庁舎の全面禁煙化に向けて検討してきたが、全面禁煙を実施しない方針を決めた。2014年9月19日の市議会本会議で村山秀幸市長が明らかにした。来年度から、現在5か所ある喫煙所を庁舎2階の1か所に集約するという。近藤彰治議員(市民クラブ)の一般…
https://www.joetsutj.com/articles/52062344 新潟県上越市は2015年度から庁舎内の全面禁煙を実施する方針で検討に入った。2013年12月11日の市議会本会議で村山秀幸市長が明らかにした。近藤彰治議員(市民クラブ)の一般質問に答えた。2010年の厚労省の受動喫煙防止に関する通知では「少なくとも官公庁は全面禁煙が望ましい」とさ…