ホーム > 2020/07

「雪だるま高原」7月23日営業再開 キューピットバレイキャンプ場再オープン

3週間前

今年3月末に市指定管理者の運営会社が経営悪化で解散した、スキー場や温泉などからなる新潟県上越市安塚区の「ゆきだるま高原」で2020年7月23日、キャンプ場が営業再開する。7月から新たに指定管理者となった「スマイルリゾート」(本社湯沢町)が、新型コロナウイルスの影響による“キャンプ”人気の高まりを受け、日帰り温泉などに先駆けて夏休み限定で再オープンさせる。

7月23日に営業再開するキューピットバレイキャンプ場(2020年7月20日撮影)
キューピットバレイキャンプ場①

雪だるま高原は同市出資の第三セクターのJホールディングス傘下のキューピットバレイが運営してきたが、今冬の記録的な少雪で業績が悪化。同社は赤字体質から脱却できないとして経営継続を断念し、3月末で解散した。市は新たな指定管理者として、県内や長野県でスキー場を運営するスマイルリゾートを選定した。

スマイルリゾートは2022年3月31日までの現在の指定管理期間中は、宿泊やグリーンシーズンの事業は行わず、スキー場と日帰り温泉の事業に特化するとしているが、屋外で開放的なキャンプ場は、いわゆる「3密」を避けつつ安価にレジャーを楽しめることから各地で家族連れなどに好評で、夏休み期間の営業を検討していた。

「キューピットバレイキャンプ場」は、スキーゲレンデ脇にあり、高原の立地を生かした眺望のよい芝生のフリーサイト。炊事場や水洗トイレ、展望台などを備えている。料金は1区画1泊5500円(定員5人)。通常は23〜24張のテントが設置可能だが、間隔を空けるため12張に限定して予約を受け付けている。23日は予約も入っており、営業は8月下旬までの予定。

野村光照支配人は「地元で会う人会う人から、期待を込めた激励の言葉を頂いている。新型コロナで休んでいるレジャー施設もあるので、大自然の中で楽しんでいただきたい」と話している。

予約は電話(025-593-2041)かキャンプ場予約サイト「なっぷ」で受け付けている。電話対応は平日のみ。

キューピットバレイキャンプ場

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/78322709 スキー場や温泉などからなる新潟県上越市安塚区の「雪だるま高原」の新たな指定管理者となった「スマイルリゾート」(本社新潟県湯沢町、田中章生社長)と上越市が2020年6月19日、上越市役所で記者会見した。スマイルリゾートの田中社長は「地域住民がシーズン中に何度も足を運ぶような、地域に愛されるスキー場にしていきたい」と抱負を述べた。…
https://www.joetsutj.com/articles/70025217 新潟県上越市は安塚区のスキー場や温泉などからなる「雪だるま高原」の新たな指定管理者として新潟県内や長野県でスキー場を運営する「スマイルリゾート」(本社湯沢町、田中章生社長)を選定した。来月の市議会に関連議案を提案し、7月から同社が運営する。同社を含め2社から応募があり、市は選定委員会を開い…
https://www.joetsutj.com/articles/59838525 新潟県上越市安塚区のスキー場や温泉などからなる「雪だるま高原」の存続を求めて地元の6団体が2020年4月14日、村山秀幸市長に2万5597人分の署名簿を提出した。村山市長(左)に署名簿を提出した安塚区の6団体の代表 雪だるま高原を運営していたキューピットバレイは、今冬の記録的…
https://www.joetsutj.com/articles/90121434 新潟県上越市安塚区でスキー場や温泉を運営しているキューピットバレイ(石田和久社長)が2020年3月10日、3月末で会社を解散することが分かった。同社は同市出資の第三セクターのJホールディングス傘下の会社。10日に開かれた市議会文教経済常任委員会で、同市の市川均産業観光交流部長が明らかにした。…