ホーム > 2018/01

ロッテアライリゾートで遭難のスキー客親子 遺体で見つかる

1年前

新潟県妙高市両善寺のロッテアライリゾートでスキー滑走中に遭難していた滋賀県大津市の医師、猪飼剛さん(68)と滋賀県草津市の医療事務、猪飼智さん(40)の親子が2018年1月25日午後2時45分頃、遺体で発見された。

妙高警察署によると2人は24日午後、スキー滑走中、道に迷ったため、スキー場へ連絡。パトロール隊が捜索したが発見できなかったため、スキー場が同1時40分頃、同署に通報した。天候が悪く視界不良で捜索ができなかったことから同署は同日午後5時頃、携帯電話で2人の位置情報を確認した上で、その場で穴を掘ってビバークするよう指示していた。その後、この電話を最後に2人と連絡が取れなくなっていたという。

警察や消防など30人が25日午前7時頃から捜索を開始し同日午後2時45分頃、同スキー場で一番上にある山頂付近に向かうリフトの乗り場から約500m西の沢で2人の遺体を発見した。前日に携帯電話の位置情報で確認した場所だった。

現場は悪天候が続いているため、同署は26日午前6時30分から再度現場に入り、2人の遺体を収容する予定。


(追記)妙高警察署は2018年1月27日、2人の死因を凍死と発表した。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/71114373 2018年1月24日午後1時40分頃、新潟県妙高市両善寺のロッテアライリゾートから、「スキー客2人が道に迷っている」と妙高警察署に通報があった。同署によると遭難したのは滋賀県大津市の医師、猪飼剛さん(68)と滋賀県草津市の医療事務、猪飼智さん(40)の親子。2人はスキー滑走中にコースから外れて道に迷ったとみられる。悪天候のため同日は2人の捜索が厳しく、25日早朝から同署と妙高消防署、山岳遭難救助隊などが天候を見て捜索を行う予定。…