衆院選: 野党共闘の梅谷氏は無所属で出馬へ

衆院選新潟6区に梅谷守氏(43)は無所属で立候補する。2017年10月5日、梅谷氏の選対本部が発表した。

梅谷氏は無所属で出馬する理由について「信念を貫き、皆様の声を第一にしがらみのない政治をするため」とのコメントを出した。

梅谷守氏(43)
ume

民進党新潟6区総支部長だった梅谷氏は10月2日、希望の党への公認申請見送りを表明し、翌3日には市民連合・上越、社民党、共産党、自由党、新社会党と政策協定を締結。野党共闘の統一候補として出馬することを決めている。

梅谷氏が無所属か、枝野幸男元官房長官を代表とする新党「立憲民主党」から出馬するかが注目されていた。

新潟6区には梅谷氏のほか、自民党前職の高鳥修一氏(57)が立候補を予定している。

関連記事