ホーム > 2017/01

フルサット内に立ち食いそば店 上越ならではの「かけ中華」も提供

4か月前

北陸新幹線上越妙高駅西口のコンテナを使った商業施設「フルサット」内にある居酒屋「コンテナ屋台ご当地ソウル」(桑原尚二店長)はこのほど、立ち食いそばの提供を始めた。同店は「駅と言えば立ち食いそば。価格もリーズナブルなので、ぜひ利用してほしい」と話している。

かけそば、かけうどんのほか、和風だしに中華麺を入れる上越独特の「かけ中華」もある。いずれも300円と低価格で、野菜かき揚げ(100円)や卵(50円)などのトッピング類のほか、替え玉(150円)も用意している。

上越特有の「かけ中華」
20170111かけ中華

麺は地元の石倉製麺所から仕入れている。つゆは上越地域の玄関口として全国の観光客に対応できるよう、関東風と関西風の中間の味に仕上げた。

ご当地ソウルでは「駅で気楽に食べられる。そばもうどんも中華も取りそろえたので、ぜひ食べに来てもらえたら」と話している。

新潟県上越市大和5。提供時間は午前8時から午後2時まで。不定休。問い合わせは090-3908-1759。

ご当地ソウル

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51867787 上越市民のソウル・フードともいえる東雲町1の塚田そば店(通称つかそば)の「かけ中か」が、文化放送で平日午前に放送される人気ラジオ番組「純喫茶・谷村新司」で、2012年の1~2月に計3回も取り上げられた。この番組を通じ、和風だしに中華麺を入れて食べている地域は、新潟県上越市のほか富…
https://www.joetsutj.com/articles/52004996 2012年12月8日、新潟県上越市のかに池公園で街頭演説した野田佳彦首相はその後、同市東雲町1の塚田そば店(通称つかそば)に立ち寄り食事をしていた。つかそばと言えば、中華麺にそば用の和風だしのつゆをかけた上越市民のソウル・フードともいえる「かけ中か」が定番。昼食に野田首相が食べた…
https://www.joetsutj.com/articles/52078225 新潟県上越市出身の男性と結婚したタレントの安田美沙子さんがこのほど、上越市を訪れた。2014年4月4日、公式ブログに「里帰り。」と題して投稿している(リンク)。安田さんは先月、上越市出身でファッションブランド「VICTIM」の経営者兼デザイナーの男性と結婚した。公式ブログには「新…