ホーム > 2016/03

上越市副市長に土橋均理事起用を内定 2人とも生え抜きに

4年前

新潟県上越市は2016年3月9日、3月末で退任予定の関原貢副市長の後任として、土橋均理事(58)をあてる人事を内定したと発表した。

土橋氏は、1981年に同市役所に入庁し、総務管理部長、総合政策部財務担当部長、総務部付行政改革担当部長を歴任。2015年4月から理事を務めている。

同市の副市長は、現在、生え抜きの野口和広副市長と県出身の関原副市長の2人体制。2007年の制度導入以降、副市長が2人とも市職員出身となるのは初めてとなる。

関原氏は2014年4月に同市副市長に就任し、今月で退任した後は県に復職する予定。

市では市議会3月定例会最終日(3月23日)に人事案を追加提案する。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52074967 新潟県上越市は2014年3月12日、本年度いっぱいでの退任を表明している山岸行則副市長の後任として、県総務管理部法務文書課長の関原貢氏(54)をあてることを内定したと発表した。任期は4月1日からの予定で、開会中の市議会3月定例会最終日の3月26日に人事案件として追加提案する。関原…
https://www.joetsutj.com/articles/51819629 新潟県上越市の村山秀幸市長は2011年11月15日までに、前市議会議長の山岸行則市議(61)を副市長に選任する方針を固めた。現職の稲荷善之副市長(50)と来年1月1日に交代させる予定で、市議会12月定例会に関連議案を提案する。↓上越市長選の村山氏事務所開きで挨拶する山岸氏(200…
https://www.joetsutj.com/articles/51734633 上越市議会9月定例会最終日の2010年9月28日、同市の副市長として同市農林水産部長の野口和広氏(59)が選任された。野口氏の任期は10月1日から4年間。野口氏の後任の農林水産部長には川上宏危機管理監が就任し、危機管理監には企画課の馬場和明課長が昇任する。市議会本会議で全会一致で…