ホーム > 2015/10

ほくほく線に超ゆっくり走るイベント列車「スノータートル」 今日10月7日予約開始

5年前

北越急行(新潟県南魚沼市)は2015年11月7日、超低速で走るユニークなイベント列車「スノータートル」を運行する。通常約1時間の犀潟(上越市)─六日町(南魚沼市の)間を約4時間かけて走る。鉄道ファンに線路の勾配や架線、トンネル設備などをじっくりと見て楽しんでもらおうと企画した。全席指定で予約は10月7日午前9時から受け付ける。

同社は今年3月、北陸新幹線の開業に伴い、直江津─越後湯沢間を約1時間で結ぶ超快速列車「スノーラビット」を導入しているが、今回はウサギとカメにかけて超低速列車を「スノータートル」と名付けた。

北越急行のHK100型普通電車
doodle_s
By 221.20 (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

午前10時44分犀潟発、午後2時48分六日町着。59.5kmの区間を約4時間かけてゆっくりと走り、景色や鉄道施設を楽しめる。

定員は80人で全席指定。料金は、普通乗車券970円と座席指定券100円の合計1070円。

申し込みは、名前、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスを、メールか電話で伝える。電話025-750-1251、電子メールは [email protected]


追記: 受付開始当日、午前9時30分過ぎの時点で、満席のため受付終了となったことが公式サイトで発表されている。

↓北越急行の公式サイト
http://www.hokuhoku.co.jp/

↓超低速スノータートルのプレスリリース↓
http://www.hokuhoku.co.jp/pdf/turtle.pdf