ホーム > 2016/12

アイスクリームカップにみそ 数量限定の雪室熟成「ももとせ」新発売

5か月前

新潟県上越市中央1の山本味噌醸造場はこのほど、数量限定の雪室熟成みそ「ももとせ」を発売した。アイスクリームカップに入った見た目もユニークなみそで、見る人の目を引いている。

同社が雪室熟成商品を販売するのははじめて。商品名「ももとせ」は100年の意味を持ち、同社が創業100年を迎えたことにちなんだ。アイスクリームカップのパッケージにしたのは、雪にちなみ、見た目にも冷たいイメージに。

momotose2

同商品は発酵熟成に9か月、同市安塚区の雪室で7か月熟成した。同社の山本幹雄さんは「みそを雪室で熟成させると味がまろやかになり、おいしくなるとデータでも実証されている。(ももとせは)実際にまろやかな味わい、香りが良く、深いコクが出ている」。ほか、「上越地域活性化とみそ文化普及をはじめ、発酵のまち上越と上越雪室ブランドの認知度を高めて行き、新たな色の提案を発信し続けたい」と話していた。

1個100g 324円。同社本店、エルマール店、上越妙高駅売店、フルサットカフェで販売中。限定1500個のため、なくなり次第販売終了。