[新型コロナ] 上越市の29人、妙高市の8人の計37人が感染

新潟県は2022年3月17日、上越市の29人、妙高市の8人の計37人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内全体では528人だった。

県によると、同日、上越保健所管内の高齢者・障害者施設関連で新たな集団感染があり、同日公表の5人を含む6人が確認された。既存の集団感染は幼稚園・保育所等関連、小中学校関連、企業関連、高齢者・障害者施設関連の4つで確認された。

上越市立小中学校は児童生徒計4人が感染

上越市教育委員会は17日、大手町小学校の児童1人と東本町小学校の児童2人、校名非公表の市立中学校の生徒1人が感染したと発表した。大手町小と東本町小は一部の学級を閉鎖する。

ファミリーヘルプ保育園の職員1人感染

上越市は17日、ファミリーヘルプ保育園に勤務する職員1人の感染を発表した。19日まで臨時休園する。

高田特別支援学校と高田農業高校の生徒1人ずつ

県教育庁は17日、高田特別支援学校と高田農業高校のいずれも生徒1人ずつが感染したと発表した。高田特別支援学校は17日から臨時休校している。

上越教育大の学生1人感染

上越教育大は17日、学生1人の感染を発表した。大学運営に影響はない。