ホーム > 2018/03

期間限定で3時間の暗闇 妙高市の「道の駅あらい」

1年前

新潟県妙高市の「道の駅あらい」が午前2〜5時までの3時間、店舗の明かりが消え、真っ暗になっている。4月5日に24時間営業のローソンがオープンするまでの短期間ではあるが……。

店舗の明かりが消え真っ暗になった道の駅あらい(2018年3月23日午前3時撮影)
道の駅あらい4

道の駅あらいは上信越自動車道の新井PAに隣接しており、深夜も利用できるコンビニや飲食店が集まる。

24時間営業の「すき家 新井店」は深夜の2人勤務体制が組めず、現在は張り紙を掲示し、午前5時から午後12時までの短縮営業にしている。

コンビニの「セーブオン 道の駅あらい店」は現在、ローソンへの転換で改装工事中。4月5日のオープンまでコンビニ不在の状態だ。

午前4時まで営業していたラーメン店「よしきゅう膳」は、3月7日で閉店してしまった。現在、深夜営業しているのは、昨年11月2日に上越市五智1から移転オープンしたばかりの「ラーメン翔」1店のみ。

ラーメン翔の営業は午前2時まで。すき家が開店する午前5時までの3時間、道の駅あらいは暗黒に包まれている。

道の駅あらい