ホーム > 2020/11

雪むろ酒かすラーメンを「無印良品直江津」で限定販売 14、15日「上越愛麺祭」

3週間前

新潟県上越市のご当地ラーメン「雪むろ酒かすラーメン」を提供する上越愛麺会(会長・月岡二幸麺屋あごすけ店主)は、2020年11月14、15日の2日間、イベント用ラーメン「甘えび塩白湯麺~ほんのり酒粕~」を限定販売する。会場は同市西本町3の「無印良品 直江津」内コミュニティスペース「Open MUJI」。時間は両日とも午前11時から午後6時まで。

市内のラーメン店でつくる同会は、2018年から「越後謙信SAKEまつり」でイベント用の雪むろ酒かすラーメンを販売してきたが、今年は新型コロナウイルスの影響で祭りがオンライン開催となり、販売できなかった。このため「上越愛麺祭」と題し、2日間限定で特製雪むろ酒かすラーメンを販売する。

上越愛麺会の「甘えび塩白湯麺〜ほんのり酒粕〜」
雪むろ酒かすラーメン2

販売する「甘えび塩白湯麺~ほんのり酒粕~」は、米粉と野菜、酒かすでとろみをつけたクリーミーな鶏白湯スープで塩味が特徴。今年のまつり酒「車懸くるまがかり」を醸造した「鮎正宗酒造」(妙高市)の酒かすを使用し、塩は謙信が敵対する武田信玄に塩を送り助けたことにちなんで市内谷浜海岸で昔ながらの製法で作られた“義の塩”。

麺は酒かすパウダーを練り込んだ特製麺、トッピングは「町田醤油」(東本町3)のしょうゆこうじに漬けたチャーシュー、名立漁港で水揚げした甘エビから作った蝦醤シャージャン(甘エビペースト)とエビ油のほか、白髪ネギ、メンマ、桜の花びら型の麩など。価格は800円(税込み)で、1日限定200杯。

上越高校料理部の「酒かすとんポタ みそラーメン」
酒粕とんポタみそラーメン1

15日は、コロナ禍で中止となった「高校生ラーメン選手権」に出場予定だった上越高校料理部が、大会用に考案したラーメンも販売する。豆乳と車懸の酒かすを使ったとん汁ラーメン「酒かすとんポタ みそラーメン」で、150杯限定。価格は500円(同)。

ラーメンはいずれもなくなり次第、終了。会場では「ミニSAKEまつり」として、車懸とSAKEまつりおちょこセット(36セット限定、税込み2200円)の販売や酒の試飲販売などもある。

イベントのポスター
ポスター