ホーム > 2020/03

バロー上越モールから退店続々 マツキヨや幸楽苑も

4か月前

新潟県上越市とよばの大型ショッピングセンター、バロー上越モールの核テナント「バロー上越店」が2020年4月12日で閉店することに伴い、退店するテナントが続出している。

既に飲食店が3店になり、閑散としているフードコート
バローフードコート2

フードコート内にあるクリーニング店「ヤングドライ」は3月20日で閉店する。ガチャポンコーナーは4月7日閉店、キッズコーナーはゲーム機などを撤去中。

他のテナントでは、アパレル衣料の「エスキロブランコ」が昨年11月19日に閉店し、「くまざわ書店」が3月15日で閉店している。このほか、退店するテナントは次の通り(上越タウンジャーナル調べ。3月17日現在)。いずれも閉店セールを実施中。

  • tome時女(アクセサリー)3月29日閉店
  • マツモトキヨシ(ドラッグストア)4月5日閉店
  • 和ごころりんず(呉服)4月12日閉店

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/87633579 バローホールディングス(本店・岐阜県恵那市)は2020年2月17日までに、新潟県上越市に展開しているスーパーマーケット「バロー」3店を4月に閉店することを明らかにした。同社は中部地方を中心にスーパーやスポーツクラブなどを展開しているが、3店の閉店によりスーパー事業としては新潟県から撤退することになる。…