ホーム > 2020/05

[新型コロナ] 上越市は28日から振込開始 1人10万円の特別定額給付金

6か月前

新潟県上越市の村山秀幸市長は2020年5月1日、定例の記者会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受け政府が国民に一律1人10万円を支給する「特別定額給付金」の給付を、5月28日から開始すると発表した。5月14日から申請書を世帯主宛てに郵送し、翌15日から郵送で申請を受け付ける。オンライン申請の受け付けは7日頃からとなる見込み。

記者会見する村山市長
DSC_2773

国の緊急経済対策補正予算が成立

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策を盛り込んだ補正予算が4月30日、国会で成立したことを受けて、給付までの同市のスケジュールを明らかにした。

上越市は190,002人、76,172世帯が対象

給付の対象は、基準日の4月27日に同市の住民基本台帳に記載されている19万2人。申請書類は5月14〜16日に7万6172人の全世帯主に郵送する。申請は感染予防のため郵送で受け付け、運転免許証やマイナンバーカード、健康保険証などの世帯主の本人確認書類と預金通帳などのコピーが必要。

オンライン申請は7日頃から

申請の受付期間は5月15日〜8月14日。マイナンバーカードを使ったオンライン申請は5月7日頃からとなる見込みで、詳細は市のホームページで告知する。

給付開始は第1回の口座振込が5月28日。2回目が6月4日、3回目は同11日。申請書類の審査が終わり次第、順次、振り込まれる。大型連休明けから、申請スケジュールなどを記載した事前周知のちらしを町内会を通じて全世帯に配布する。

150人態勢で事務処理

市では4月20日に特別定額給付金事務室を設置し、6人の専任職員で準備を進めているが、申請書類の発送や受け付け、審査などのピーク時には150人態勢で業務を行う予定。

村山市長は「できるだけ早くお届けできるよう準備をしているので、市民の皆様もしっかりと申請をお願いしたい」と述べた。


(5月2日更新)上越市は2020年5月2日、「特別定額給付金」の振込日について、5月1日の記者会見で発表した日付に誤りがあったとして、2回目の振込日を6月4日、3回目を同11日と訂正しました。5月2日、記事の当該日付を修正しました。