ホーム > 2016/04

国内最大級のパノラマウインドウ トキ鉄のリゾート列車「雪月花」試乗会 

3年前

えちごトキめき鉄道(新潟県上越市、嶋津忠裕社長)は2016年4月12日、同社初のリゾート列車「雪月花」の試乗会を実施した。泉田裕彦知事や村山秀幸上越市長らに、23日から運行を前に車内をお披露目した。

雪月花は2両編成のディーゼル車で、定員は45人と座席配置はゆったりとしている。国内最大級のパノラマウインドウが備えられており、車内の食事は上越・妙高の山の幸をふんだんに使ったフランス料理や、日本海の幸を使った日本料理が提供される。

1号車の客室
20160412雪月花1

2号車の客室
雪月花 (2)

2号車の展望ハイデッキで談笑する泉田知事と嶋津社長
20160412雪月花2

試乗会では、知事や市長らを乗せた車両は午前10時19分に上越妙高駅を出発。車内の黄金色の装飾が窓から差し込む日光に照らされる光景、パノラマウインドウから見える景色などを目にすると、「素晴らしい」と声を上げていた。パノラマウインドウを備えた展望ハイデッキに座った泉田知事は「車内も、車窓から見る景色も、まるで映像のように美しい」と絶賛した。嶋津社長は「多くの方にご好評をいただけているようでうれしい」と話した。

4月17日正午から午後2時まで、直江津駅で車両見学会が行われる。入場券などで参加できる。

車両前部
雪月花 (1)

関連記事

http://www.joetsutj.com/articles/60997630 えちごトキめき鉄道が来月から運行する新造リゾート列車「雪月花」が2016年3月25日、直江津駅(新潟県上越市)の運転センターに納車された。2両編成の真新しい車両が牽引され駅に到着する様子を同社社員らが見守った。雪月花は、国内最大級のパノラマウインドウを備え、車内で春夏秋冬の厳選し…