ホーム > 2015/07

上越市が23か所に公衆無線LANを整備 接続1日2回合計30分まで

5年前

新潟県上越市は市内の公共施設など23か所に、誰でも無料で利用できる公衆無線LANを整備し、運用を開始した。無料でスマートフォンやパソコンなどでインターネットに接続できる。

交流人口の増加や、北陸新幹線開業により増加すると見込まれる外国人観光客へのサービスを目的に704万円の予算で整備した。高田公園や水族博物館、埋蔵文化財センターなどの観光施設のほか、市民プラザ、雁木通りプラザ、リージョンプラザ上越などの利用者が多い施設に設置した。今後、高田公園の屋外にも公衆無線LANを整備する。

1回15分、1日2回まで接続できる。利用可能エリアでスマートフォンやパソコンからWi-Fi(ワイファイ)接続し、自動的に接続される専用サイトに初回のみメールアドレスを登録して使う。災害時には接続時間や回数の制限を撤廃して運用する。

wifi

公衆無線LANアクセスポイントが設置された施設は次の通り(利用可能時間は各施設の開館時間)。

▽市役所木田庁舎(1階) ▽高田図書館 ▽旧師団長官舎 ▽教育プラザ ▽直江津学びの交流館 ▽高田城三重櫓 ▽旧第四銀行高田支店 ▽高田駅前観光案内所 ▽総合博物館 ▽上越観光物産センター ▽直江津駅前観光案内所 ▽埋蔵文化財センター ▽水族博物館 ▽ヨーデル金谷 ▽釜蓋遺跡ガイダンス ▽雁木通りプラザ ▽町家交流館高田小町 ▽ワークパル上越 ▽リージョンプラザ上越 ▽市民プラザ ▽ミュゼ雪小町 ▽上越文化会館 ▽春日謙信交流館