ホーム > 2021/11

上越市土橋にサービス付き高齢者住宅オープン 入居者募集で家賃割引キャンペーンも

2週間前

記事広告

60歳以上の人を入居対象としたサービス付き高齢者向け住宅「シャルール城北」が、2021年10月に新潟県上越市土橋にオープンした。現在入居者を募集しており、家賃割引などの特典があるキャンペーンも実施している。

10月にオープンしたシャルール城北
外観

同施設は全28室で、各室の広さは19平方m(約12畳)、完全個室。ミニキッチン、エアコン、トイレ、クローゼット付きで、体調不良など緊急時のナースコールも備えている。食堂、風呂(1人ずつ利用)、乾燥機付き洗濯機は共同利用となる。

完全個室でミニキッチンもある
居室

同施設は介護施設ではないため、毎日の過ごし方をはじめ、外出や外泊も制限なく自由にできる。施設の近くにはスーパーマーケットや100円ショップ、飲食店などもあり、散歩がてら買い物に行くなど入居前と同じ生活が送れるのが特長だ。

食事はオプションサービスだが、希望すればスタッフによる料理が食堂で食べられる。食材を購入して自室で調理したり、外食したりすることもできる。

入居者側で駐車場を手配すれば、自家用車の持ち込みも可。通院などの際には有料だが施設の車で送迎もしてくれる。

「状況把握・生活相談サービス」もあり、生活の中での不安や介護に関する相談にも対応。介護が必要になっても、同施設の介護サービスのほか近隣のデイサービスセンターなどを利用できるため、安心して長く生活できるようにしている。

ゆったりとした造りの食堂
食堂

開設早々、すでに入居して生活を始めた人も。「遠方に住んでいるため、一人暮らしの親が心配」などの理由から、子供が親に勧めて入居というケースが多く、介護など家族の負担も減らせるという。

共同生活のため生活音や人間関係などを心配する人もいるが、同施設によると、完全個室で生活も自由なため楽しんで暮らしている人がほとんど。「健康の心配もあり、一人暮らしは不安だった」「自宅では夜は心細い時もあったが、ここでは常時スタッフや友人がいるので安心」といった声が多いという。

手すり付きで体を支えながら入浴できるバスルーム
バス

入居時の敷金は7万1000円、家賃も月7万1000円(共益費、食事サービス利用費など別途)。

現在開設キャンペーンを実施中で、12月末までに成約し、来年2月末までに入居した人は最大12か月間、家賃が月2万円割引に。また冬場限定の短期入居の場合は、来年3月末までに退居することを条件に、敷金が無料となる。

入居者と語らいもできるロビー
ロビー

開設したのは、上越地域で多くの高齢者施設を運営する「社会福祉法人 上越あたご福祉会」。施設には居宅介護支援事業所なども併設しているため、介護が必要になっても安心して暮らし続けることができる。

見学は随時受付中。同施設では「自由のある安心安全な生活を選択肢の一つとして、ご本人様、ご家族様で考えていただければ」と話している。

ホームページはこちら

問い合わせ電話 025-530-7248

シャルール城北