[新型コロナ] 上越市27人と妙高市18人の計45人が感染 県全体は544人

新潟県は2022年2月10日、上越市の27人と妙高市の18人の計45人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。中等症、重症ではない。県全体は544人。

県によると、集団感染としては、上越保健所管内の福祉施設関連で同日発表の5人を含む61人、同保健所管内の別の福祉施設関連で同日発表の2人を含む16人がそれぞれ確認された。

いたくら保育園で新たに職員1人が感染

上越市は10日、市立いたくら保育園の職員1人が新たに感染したと発表した。現在臨時休園しており、14日から再開の予定。

板倉小で児童1人

上越市教育委員会は10日、板倉小で児童1人が新たに感染したと発表。濃厚接触者が特定され、感染が広がらないことが確認されており、一部学級を除き、14日から学校と放課後児童クラブを再開する。

有恒、高田農業で生徒1人ずつ

県教育庁は10日、県立有恒高校の生徒1人、同高田農業高校の生徒1人が感染したと発表した。有恒は10日、高田農業は11日から臨時休校する。

関根学園高校で生徒2人

上越市大貫2の関根学園高校は10日、生徒2人が新たに感染したと発表した。13日まで臨時休校している。同校では9日にも生徒1人の感染を公表している。

上越市が11〜13日にコールセンター設置

上越市は市内での新型コロナ感染拡大が継続していることを受け、2月11〜13日の3日間、「上越市健康相談コールセンター」を設置する。新型コロナに係る不安や症状に関する相談、感染予防に関する相談などを受け付ける。時間は午前9時から午後5時まで。コールセンターの電話番号は025-520-5711