ホーム > 2021/04

強風で個人情報記載の書類飛ばされる 新潟県上越地域振興局農林振興部

6か月前

新潟県は2021年4月13日、上越地域振興局(上越市)が所有していた上越市内の法人2社の代表者や担当者の氏名などの個人情報が記載された書類が強風で飛ばされ、紛失したと発表した。

同局農林振興部によると同日午前9時50分頃、同部職員が同市板倉区の農業法人の敷地で、補助事業で導入した農業用機械の検査を行った際、バインダーに挟んでいたA4判の書類1枚が風で飛ばされた。すぐに周囲を探したが、発見できなかったという。

風に飛ばされたのは、補助金を受けるために農業法人が同部に提出した売買契約書類の写しで、同法人名や農業機械の販売会社名、連絡先、契約内容などのほか、農業法人代表者と販売会社担当者の氏名の個人情報が記載されていた。

同部は同日、法人2社に状況を説明し謝罪した。同部は「強風で想定できた事案。書類を外部に持ち出す際は穴をあけて確実にとじ込むなど、管理を徹底し、再発防止に努める」としている。

新潟地方気象台によると、同日は同市高田で午前6時55分に最大瞬間風速24.1mを記録するなど強風が吹き、午前10時の同市高田の風速は南の風で10.1mだった。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/78697202 新潟上越市によると2021年4月13日、強風により市内で2人が重軽傷を負ったほか、家屋の屋根がはがれるなどの被害が出た。大町の70代女性が自宅敷地内で強風により転倒し、左大腿骨の付け根を骨折する重傷を負った。平成町では70代女性が飛来してきたアクリル板で後頭部を切り、尻を打撲する…