人気の「ギャッベ」見て触れて 上越紺太で5月18〜20日にイベント

記事広告

イランの遊牧民の手織りによる素朴な風合いと1点もののデザインで人気を集めるギャッベ。そのギャッベが大集合するイベントが2018年5月18日(金)〜20日(日)の3日間、新潟県上越市本町5の「上越紺太高田本店」で開かれる。

自然派じゅうたんで紋様も多彩

手織りのじゅうたん「ギャッベ」
メイン1修正

ギャッベとは、イランの山岳地帯に生きる遊牧民が昔ながらの作り方で手織りするじゅうたんで、2010年にはユネスコ世界無形文化遺産に登録された。ウール100%で、草木を使って染められており、化学物質は一切使っていない。太陽の光、夜空、動物などをモチーフに、遊牧民が魔除けや健康、子孫繁栄などの願いを込めたものが紋様になっており、2つと同じものがない一点ものだ。

玄関、リビングに 大きさも様々

かわいらしい紋様は子供部屋にも合う
IMGP1537

素朴で自然な色合いは洋室・和室場所を選ばず、小座布団からリビング大判ラグまでサイズも多彩。耐久性も抜群で、夏涼しく冬暖かいことから、玄関マットやリビング、テーブル周りなどに敷き、10年20年と長く使う人が多いという。

約300枚が20〜50%オフに

50%オフになるミニギャッベ
ミニギャッベ5400円1

同店を会場に開かれるギャッベ展には、約300枚が並ぶ。イランの会社から直輸入するため、値段も破格。約40×40cmサイズ(通常1万800円)が5400円、約40×60cmサイズ(通常1万6800円)が9800円など、上質なギャッベが安く販売される。

試し敷き無料 補修も受付中

部屋での試し敷きも無料。「実際に敷き、見て触れて、温かみを感じてみてください」と同店では話している。

ペルシャじゅうたんのクリーニングや、穴開き補修なども随時受け付け中。

問い合わせは、上越紺太高田本店(上越市本町5-3-21)0120-345-265


上越紺太高田本店(上越市本町5-3-21)